子どもの健康

『便秘・夜泣き』

『便秘、夜泣き』

近年、赤ちゃんの便秘が増加傾向にあります。

赤ちゃん(新生児・乳児)を連れてご来院くださる殆どの方が便秘を主訴とされる場合が多いです。

🌱離乳食が始まってから、、、

🌱卒乳してから、、、

🌱断乳してから、、、

便秘にも様々な原因がありますが、多くの場合が腸の働きが弱くうんちをつくる力や押し出す力が乏しい状態にあります。

そんな中無理矢理出そうと気張る事でお尻が切れて出血する事も良くあります。

切れてしまうと次に柔らかいうんちを出そうとしても、痛くて痛くてギャン泣きし、「痛すぎるからもう出さんとこ!!」という調子でまた便秘。。。というサイクルに突入してしまいます😱

小児はりをする事で皮膚に現れる胃腸の異常を取り除き、胃腸の力を充分に発揮させ、気持ち良くうんちを出せる様になります。

気持ち良くうんちを出す事がどれだけ幸せな事か、赤ちゃん自身もはっきり理解しています👶

気持ち良くうんちを出せる身体にする事は、毎日ご機嫌で過ごす為の重要なポイントです。

うんちの悩みが無くなれば、食べること、寝ることの改善にも繋がります✨

#小児はり #賢昌鍼灸院 #八尾市 #うんち #トイトレ #おむつ #赤ちゃん #乳児 #新生児 #赤ちゃんの便秘 #便秘 #便秘解消 #便秘改善 #快便 #治る小児はり #治せる小児はり #大師流小児はり #夜泣き #離乳食 #離乳期 #離乳食初期 #離乳食中期 #離乳食後期 #離乳食デビュー #離乳食メモ #離乳食日記 #卒乳 #断乳